2017年06月 / 05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2012.10.11 (Thu)

Dr.Doragonさんのこと

Dr.Doragonさんがお亡くなりになりました。

昭和3年生まれで、しかも男性で幼少期にピアノ経験があるというのはかなり珍しいことだと思います。ご自宅にはスタインウェイのグランドピアノを所有されていました。円高となった現在でもベビーグランドが8,704,500円しますから、当時は小さな家が一軒建ってしまうくらいの資産価値があったのではないかと推測します。

お引っ越しの際、そのグランドピアノのスペース確保が難しくなり、「知り合いのピアニストの方に差し上げたんですわ」とサラリとおっしゃった時は驚きました。「ミューズ先生にもうちょっと早う習てたら、使うてもらいましたのになぁ」とも。

長いブランクを経て、再開された頃は簡単な曲を弾いておられましたが、どんどん難しい曲に挑戦されるようになり、80歳の頃にはショパンの「軍隊ポロネーズ」を弾くほどの腕前になられました。その後は「もう楽しくやろうと思います」と方向転換。連弾や小品を楽しむように。

80歳を過ぎてからは教室への行き帰りを奥様が大変心配され、私の方が伺ってレッスンするようになりました。煉瓦造りのご自宅はクリニックも兼ねていて、Dr.Doragonさんが生まれた年に建てられたとか。

「いつかはシューマン(リスト編曲)の献呈を弾きたい」とずっとおっしゃっていたのですが、「とても手に負えそうにない」と、そのままになっていました。少し簡単に編曲して差し上げればよかったですね。それが心残りです。

ご葬儀の際、奥様は「主人は本当に穏やかな人で・・・。私どもは毎日楽しく過ごしてまいりました」と。怒ったことなどなかったのでしょうね。本当に優しくて気品のある方でした。

今は最後の習い事としてピアノを選んで下さったことをうれしく、また誇りに思っています。ご冥福を心よりお祈りします。

Dr.Doragonさんの演奏(曲名をクリック)

私を泣かせてください(ヘンデル作曲)

DrDoragon1.jpg

スポンサーサイト

テーマ : ピアノ ジャンル : 音楽

22:00  |  80代以上  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

2010.05.28 (Fri)

よっしゃー!さん《枯葉》

初登場よっしゃー!さんとミューズの連弾です
本来は両手で演奏する第1ピアノのパートを腱鞘炎のために右手のみで演奏しています

↓題名↓をクリックすると演奏が始まります
枯葉(コスマ作曲)第2ピアノ:ミューズ 2010.4.5録音

よっしゃー!-1     ~~よっしゃー!さんのコメント~~     
「おとなのハノン」を教材に左手の4と5の指を拡げる練習をしたことが原因なのか、左肘を痛め両手でピアノを弾くことが出来ず、暫く間を置くべく思っていたところ、先生からこの機会にと連弾を勧められ、この1年間3曲の連弾曲に取り組みました。「枯葉」はこの中の1曲です。私は今まで音符の持つ音の長さの正確な理解のないまま、やみくもに弾くことのみであったことを連弾曲にトライして知ることが出来ました。先生からは幾度も音符を数えるように指導されました。当然ながら連弾は伴奏者(第2ピアノ)との協調ですから音符を正確に数え合わせることが最も重要なことだと思います。今回の私の経験は腱鞘炎が幸いしたように思いますが、まだ時折、肘の違和感があり完治とは思えませんが頑張ります。

テーマ : ピアノ ジャンル : 音楽

19:54  |  80代以上  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

2009.08.19 (Wed)

けいさん≪「別れの曲」より≫

女性最年長のけいさんは相対音感を持っておられて、
いつも移動ドで歌いながら演奏されます

↓題名↓をクリックすると演奏が始まります
別れの曲(ショパン作曲)より 2009/7/23録音

けいー1       ~~けいさんのコメント~~
「大人のためのピアノレッスン あなたもピアニスト」のフレーズに魅せられて入会させて頂きました。所詮七十の手習いです。ピアノを弾くのは初めてでしたから、なかなか上達しないことは覚悟していましたが六年を過ぎサロンコンサートのプログラムが十冊以上になった今でもあまり進歩の跡が見られず、先生に大変ご迷惑をおかけしています。「乙女の祈り」や「小犬のワルツ」を弾く夢はとっくの昔に消えてしまいました。せめて自信を持って弾ける曲が一曲でもあれば良いのですが「辞めようかと思う」と、一度ならず弱音を漏らしていた時、「私は絶対辞めないよ」と言い切っていらした同期のお友達が一年余りお休みで淋しいです。教室からの帰り路「朝、目が覚めたら突然上手になってたら嬉しいのにね」とか、たわいのない話をし乍ら坂道を下っていける日がまた早く来るように願う許りです。

テーマ : ピアノ ジャンル : 音楽

23:34  |  80代以上  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

2009.03.30 (Mon)

レソラミさん作曲作品≪88歳の青春は≫

最年少のひろちゃんの次は、最年長のレソラミさんです
「作曲をやってみたい」と意欲を示されてから何年越し(?)かの苦労の末、
初めて仕上がった曲がこの≪88歳の青春は≫です
レソラミさんにも演奏してもらえるようにと考えて編曲しました

↓題名↓をクリックすると演奏が始まります(演奏はミューズです)
八十八歳の青春は(作詞・作曲:レソラミさん ピアノ編曲:ミューズ)

1)八十八歳の 青春は 心に希望の 光掲げつつ
  一歩一歩と 歩むこと 何でも出来る その気になれば
  心に希望の 光 ある限り 八十八歳は 青春だ
2)八十八歳の 青春は 口には愛語を いつも持ちながら
  人に喜び 与えつつ 何でも出来る その気になれば
  口には愛語の 言葉 ある限り 八十八歳は 青春だ
3)八十八歳の 青春は 過ぎた年月は 思い出のままに
  今日の命を 慈しみ 何でも出来る その気になれば
  心に感謝の 気持ち ある限り 八十八歳は 青春だ


Resorami2.jpg       ~~レソラミさんのコメント~~
10年前に78歳でピアノのレッスンを始めましたが、才能が無いのと、年齢的に遅すぎました。そこで音楽的な別な物と言う事で作詞作曲らしき物を始めました。勿論ピアノが弾きこなせない事にはまともな作曲は出来ませんが、幸いミューズ先生にPC音楽ソフトを紹介して頂き又色々とご指導を仰ぎ、曲りなり
Resorami1.jpgに此の曲を作る事が出来ました事は、唯々先生のお蔭で感謝するばかりです。ところで<八十八歳の青春は>の詩の心はー何時までも頑張って元気で生きて行こうーと云うことです。ポール バレリーに<海辺の墓場>と言う詩があります。長編で難解な詩です。其の中の1節に<風が起こる、生きなければならない>と言うフレ-ズがあります。小説家の堀辰雄は此の言葉を<風立ちぬ、いざ生きめやも>と訳しました。私の拙い詩の1節です(風が立って 水面がさざなみたち みなぎって来た 側の花薊の赤が ゆれている さあ元気を出して 立ち上がろう)

テーマ : 音楽 ジャンル : 学問・文化・芸術

21:50  |  80代以上  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

2009.03.11 (Wed)

Dr.Doragonさん≪私を泣かせて下さい≫

再開組の最年長のDr.Doragonさん
お人柄が伝わってくるような優しい演奏です

↓題名↓をクリックすると演奏が始まります
私を泣かせてください(ヘンデル作曲)

DrDoragon1.jpg    ~~Dr.Doragonさんのコメント~~
小学校3年頃から、ピアノを習っていましたが戦争で中断・・・はりちゃんに誘われ、おそまきながら再挑戦することにしました。体力が続くかぎりお世話になりたいと思っています。目標はシューマンの献呈を弾くこと。たとえその夢が叶わなくともピアノはとても楽しいです

テーマ : 音楽 ジャンル : 学問・文化・芸術

13:33  |  80代以上  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。