2017年06月 / 05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2013.12.22 (Sun)

第39回サロンコンサート

11月11日に予定していた39回目のサロンコンサートでしたが、
その8日前の3日、療養中だった夫が亡くなってしまったために急遽、予約をキャンセル。
マネージャーのfurufuruさんと相談の結果、1ヶ月後の12月9日に延期することにしました。

夫は8年間とうとう意識が戻らず、まさかの急変であまりにあっけなく亡くなってしまったので、直後はボーーーッとして涙さえ出ませんでした。

急だったけれども、8年前からいつかこうなることは分かっていたし、今は寂しいと思う一方で、やっと苦しみから解放されて楽になったのだ・・・という気持もあります。いつも気にかけて下さっていた生徒のみなさん、ありがとうございました。

さて、12月9日、延期したコンサートはいつものようにRホテルのSバーで
演奏参加11名、ギャラリー5名、スタッフ2名で開催。
美味しいお料理とピアノ演奏で楽しいひとときを過ごすことが出来ました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

《プログラム》

◇独奏
私のお気に入り   ロジャース
マイ・ボニー    イギリス民謡
バラード      ブルグミュラー
ノクターン第5番   フィールド
セントルイス・ブルース ハンディ
シェリト・リンド  メキシコ民謡
「乙女の祈り」より バダルジェフスカ
愉快な鍛冶屋    ヘンデル
エチュードOp.10-3「別れの曲」 ショパン
ソナタ第23番「熱情」第3楽章  ベートーヴェン


◇連弾
スペイン舞曲Op.12-2  モシュコフスキー
ノルウェー舞曲Op.35-4 グリーク
スラブ舞曲Op.46-2   ドボルザーク

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

料理1
料理は「ノルウェースモークサーモンとシーフードマリネ サラダ仕立て」と・・・

料理2
牛フィレ肉のポワレ キューブスタイル マスタードソース♪
美味しかったけど、バーだから、これはあくまで酒の肴。
パンもライスもないのが玉に瑕^^;

けいさん
最年長のけいさん。演奏参加は1年以上ぶりです。
きれ~~な声でドレミ唱しながら演奏して下さいました。

上出来ママ連弾
超多忙で休会されてた上出来ママさんが復帰。
練習時間が取れるようになり、ピアノも新しく購入されました。
写真はミューズとの連弾で、アンコール曲の「箱根八里」

ひろちゃんとの連弾アンコール「クシコスポストはコロブっちか?」
(クシコスポストの中にロシア民謡があっちこっちに隠れている)が好評でした。
今話題の「おもしろピアノ連弾ミックス」に掲載されています。
なかなか楽しい曲集ですよ♪

ピアノ連弾 中級 発表会でパフォーマンス! おもしろピアノ連弾ミックス ~たぬきさん、狙いうち~

新品価格
¥1,728から
(2015/3/22 15:46時点)



ベルさんファミリー
ベルさんファミリー。お母様と妹さんです。
今回は過去一番か二番か?ってくらい良い演奏でしたね♪

39-syuugou.jpg
ご用で先に帰られた方もいて、ちょっと寂しい集合写真。
次は7月の予定です。

テーマ : ピアノ ジャンル : 音楽

20:16  |  サロンコンサート(発表会)  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

2013.03.27 (Wed)

第38回サロンコンサート

3月11日に38回目のサロンコンサートを開催しました。
当日は東日本大震災から丁度2年目に当たり、開演前に一同起立して
震災で犠牲となられた方々に哀悼の意を表して黙祷を捧げました。

演奏参加は9名でしたが、ご家族さん、休会中の方、退会された方、
Dr.Doragonさんの奥様、スクールの支配人、前事務所のfurufuruさん(司会)
にも来ていただき、22名で和やかなひとときを過ごすことが出来ました♪

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

《プログラム》
◇独奏
 テネシーワルツ  キング
 ラルゴ      ヘンデル
 故郷の人々    フォスター
 仰げば尊し    小学校唱歌集より
 貴婦人の乗馬   ブルグミュラー
 イッツ・オンリー・ア・ペーパームーン アーレン
 エリーゼのために ベートーヴェン
 亜麻色の髪の乙女 ドビュッシー
 ソナタOp.79 第一楽章 ベートーヴェン
 子守歌      ショパン 

◇Dr.Doragonさんを偲んで
 トロイメライ   シューマン(Muse演奏)

◇連弾
 組曲「ドリー」より ミ・ア・ウー フォーレ     
 ハンガリー舞曲第1番       ブラームス

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

みるちゃんみいこさんより写真をいただきましたのでご紹介です。
今回からSDカードで全員の分を受け取り、外付けのハードディスクに保存。
ブログ用の加工も自分ですることにしました♪(今更ながら)

38-ryouri1.jpg 38-ryouri2.jpg
お料理はオードブルと魚。おいしかったです♪
ドリンクも飲み放題でした♪演奏があるから思いっきり飲めないですけどね



マスチン
ベートーヴェンのソナタを演奏するマスチンさん
いつもより練習の時間が取れた分、安定した演奏が出来ましたね。
今回はピアノのコンディションも良かったし。



一期生
1998年入会の1期生のみなさん。もう15年のおつきあいです。
ヨッシーさん(右から2番目)のスピーチには一同大爆笑でした。
「いつも先生に『あんたはちっとも言うこときかん!もっとゆっくり練習しなさい。
ゆっくり弾けんもんが速く弾けるわけがない!』と、こっぴどく叱られてます。
こんな私ですが、これからもよろしくお願いします」
いや~私、「あんた」なんて言ってないですよ~(汗)
でも15年の信頼関係があるからこそのスピーチですね。とてもうれしく思いました。



集合
初めて聴きに来て下さったカルチャースクールのW支配人(上段左端)が
演奏のあとの「ひとことスピーチ」(言い訳タイムとも言う?)に
「人生経験を感じる。さすがだなぁ」と、とても感動されてました。

次は11月の予定。8ヶ月あります。
「やり込み曲」と「新曲」、バランス良く取り組んでみて下さい。

テーマ : ピアノ ジャンル : 音楽

22:08  |  サロンコンサート(発表会)  |  TB(0)  |  CM(6)  |  EDIT  |  Top↑

2012.11.22 (Thu)

Museの音楽雑記帳

個人ブログを開設しました。

Museの音楽雑記帳

音楽雑学的な内容になっています。
こちらもよろしくお願いします。

テーマ : 音楽 ジャンル : 学問・文化・芸術

22:49  |  リンク☆動画  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2012.10.11 (Thu)

Dr.Doragonさんのこと

Dr.Doragonさんがお亡くなりになりました。

昭和3年生まれで、しかも男性で幼少期にピアノ経験があるというのはかなり珍しいことだと思います。ご自宅にはスタインウェイのグランドピアノを所有されていました。円高となった現在でもベビーグランドが8,704,500円しますから、当時は小さな家が一軒建ってしまうくらいの資産価値があったのではないかと推測します。

お引っ越しの際、そのグランドピアノのスペース確保が難しくなり、「知り合いのピアニストの方に差し上げたんですわ」とサラリとおっしゃった時は驚きました。「ミューズ先生にもうちょっと早う習てたら、使うてもらいましたのになぁ」とも。

長いブランクを経て、再開された頃は簡単な曲を弾いておられましたが、どんどん難しい曲に挑戦されるようになり、80歳の頃にはショパンの「軍隊ポロネーズ」を弾くほどの腕前になられました。その後は「もう楽しくやろうと思います」と方向転換。連弾や小品を楽しむように。

80歳を過ぎてからは教室への行き帰りを奥様が大変心配され、私の方が伺ってレッスンするようになりました。煉瓦造りのご自宅はクリニックも兼ねていて、Dr.Doragonさんが生まれた年に建てられたとか。

「いつかはシューマン(リスト編曲)の献呈を弾きたい」とずっとおっしゃっていたのですが、「とても手に負えそうにない」と、そのままになっていました。少し簡単に編曲して差し上げればよかったですね。それが心残りです。

ご葬儀の際、奥様は「主人は本当に穏やかな人で・・・。私どもは毎日楽しく過ごしてまいりました」と。怒ったことなどなかったのでしょうね。本当に優しくて気品のある方でした。

今は最後の習い事としてピアノを選んで下さったことをうれしく、また誇りに思っています。ご冥福を心よりお祈りします。

Dr.Doragonさんの演奏(曲名をクリック)

私を泣かせてください(ヘンデル作曲)

DrDoragon1.jpg

テーマ : ピアノ ジャンル : 音楽

22:00  |  80代以上  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

2012.06.29 (Fri)

第37回サロンコンサート

6月11日に37回目となるサロンコンサートを
今回もまたRRホテルのSバーを借り切って開催致しました

5人の生徒さんが休会中。
そして司会をお願いしていた元Yミュージックのfurufuruさんが、
な、なんと前日に緊急入院!!あちゃ~~><;;

どうなることかと思いましたが、ご家族さんにも参加していただき
ピアノを囲んで楽しいひとときを過ごすことが出来ました♪

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

《プログラム》
◇独奏
 主よ、人の望みの喜びよ  バッハ
 聖者の行進       アメリカ民謡
 ロング・ロング・アゴー ベイリー
 ソナタK.311より    モーツァルト
 子守歌         シューベルト
 ソナチネOp.20-1 第一楽章 クーラウ
 ソナチネOp.36-1 第一楽章 クレメンティ
 水色のワルツ      高木東六
 モナ・リザ       リヴィングストーン&エヴァンス
 ワルツOp.69-2     ショパン
 夢           ドビュッシー

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◇作品発表
 180歳の歌

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◇連弾
 イパネマの娘     ジョピン
 ハンガリー舞曲第6番 ブラームス

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

コンサート37-1
 大正生まれのサイさんが演奏デビュー
 演奏曲は「聖者の行進」と「ロングロングアゴー」
 コンサート前のレッスンをお休みされたので、
 大丈夫かなぁ・・・と心配していましたが
 堂々の初コンサートでした



コンサート37-2
 Salon de Muse専属カメラマン(?)
 みるちゃんみいこさんとミューズの連弾
 「イパネマの娘」はシンコペーションが多くて
 普通はリズムで苦労するのですが
 電子オルガン経験者のみるちゃんみいこさんは
 サラッと弾いて下さいました


コンサート37-3
 6組の家族さんとご友人に方に来ていただきました
 92歳のレソラミさん(左側奥)作曲の
 「180歳の歌」は、88歳の奥さんと
 二人合わせて180歳(!)を記念する歌
 楽譜はレソラミさんがPCで打ち込み作成されます
 それもまたすごい!


コンサート37-4

 次のコンサートは3月の予定です
 各々のペースで楽しみながら
 練習に励んでいただけたらと思います
 



(ちなみに、furufuruさん含め、入院中だった3名の方は
 皆さん無事に退院されました~^^)

テーマ : ピアノ ジャンル : 音楽

23:54  |  サロンコンサート(発表会)  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
PREV  | BLOGTOP |  NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。